EXHIBITIONS

「とうめいに朽ちる」藤田えみ個展

2022年6月16日(木)~6月26日(日)
会期中休廊:20日(月)、21日(火)、22日(水)
13:00-19:00   最終日17:00
作家在廊予定は開催前にSNS等でお知らせします

枯れゆく花を眺めていると一瞬透明になる瞬間がある。
それは命が抜けていく、別のところに帰っていく時だと感じます。
その瞬間、目には見えないはずの命が目に映るように感じるのです。
(作家/藤田えみ)

バーナーワークを用いたガラスを主体に多様な素材を組み合わせ制作をする造形作家藤田えみの個展です。
対象となる花を分解し構造のひとつひとつを確かめ、神経を研ぎ澄ませその生命のかたちに向き合います。

作家の語る「とうめいに朽ちる」瞬間は仏語でいう「中有」のときを想像させます。
人が死んでから次の生を受けるまでの期間のことです。
白く透明な光を含んだ彼岸花は此岸に生きる私たちの目にどう映るのでしょうか。

ご高覧お待ちしております。

「とうめいに朽ちる」藤田えみ個展

「とうめいに朽ちる」藤田えみ個展

「とうめいに朽ちる」藤田えみ個展

2022-05-15 | Posted in EXHIBITIONSComments Closed