展示風景

(展示風景)『HELMET〜Chaos and Allegory〜』 伊藤 彩子 個展

2015年4月29日(水)~5月10日(日)に開催しました展示風景です。

期間中は沢山の皆さまにご来場いただき、
HELMETの孤独感・異なる空間からの視点を感じていただきました。

街の中に驚きと、異なる視点への誘いを提供できる企画となりました。
今後とも伊藤彩子の活動にぜひご期待ください。

)『HELMET〜Chaos and Allegory〜』 伊藤 彩子 個展

)『HELMET〜Chaos and Allegory〜』 伊藤 彩子 個展

▼会場風景

▼Photographer萩原 靖氏による、ストーリーを追った写真と共に展示いたしました。

▼体験写真

2015-05-10 | Posted in 展示風景Comments Closed 

 

(展示風景)『春を旅する器たち』藤野あき個展

展示リリースページ
2015年4月16日(木)~4月26日(日)
会期中休廊20日(月),21日(火)

沢山のご来場を頂きありがとうございました。
展示期間中の写真をアップいたします。

蚕室では2回目の個展でしたが今回は、春真っ盛りの中「土鍋」や「グラタン皿」に注目があつまり、オーダーもいただきました。ありがとうございました。

ゆるーく温かみのある風合いで。西荻窪の皆さまにも好評でとてもよい春の展示となりました。

       

2015-04-27 | Posted in 展示風景Comments Closed 

 

(展示風景)「記憶ノ色彩ヲ巡ル」 酒井香奈 個展 絵画

2015年4月2日(木)~4月12日(日)
▼告知ページ
http://san-shitsu.com/archives/1404/

沢山のご来場と、お買い上げをいただきありがとうございました。

酒井さんの作品が作る空間は、観覧者の感情や心を優しくうけとめる力があります。
とりわけ抽象絵画ですと一般的には難しく感じ取られる場合もありますが、みなさまギャラリーに長く滞在されてそれぞれの記憶や思い出に共通する何かを映していただけたようです。

01

2015-04-17 | Posted in 展示風景Comments Closed 

 

(展示風景)「美しうるし展」 漆芸作家3人展

2015年3月19日(木)~3月29日(日)
▼告知ページ
http://san-shitsu.com/archives/1368/

無事に終了いたしました!
沢山のご来場ありがとうございました。

「美しうるし展」 漆芸作家3人展

作家 野村昌子さんからのご提案で企画させていただいた今企画でしたが、アクセサリーの網さん、漆器の蜂谷さんと三者三様の漆作品に非常にバランスのいい展示空間となりました。
何よりも「漆」という素材・技法に対してのお客様の反応が様々で、常連のお客さまが実はとても漆に詳しい知識をお持ちだったり、「実は・・」というお客様の多数おられて漆ファンの隠れた多さに驚きました。

特に網さんの色漆と可愛らしい図案のアクセサリは蚕室のお客さまとも親和性があり喜んでいただけてよかったです。

漆は日本の気候にあった歴史のある素材・技術ということが今回の展示で勉強になりました。今後も未熟なギャラリーだからこそひとつひとつ学んで皆さまにご提供できるようにしたいと思いました。

2015-04-13 | Posted in 展示風景Comments Closed 

 

ありがとうございました「椿と春の庭展」(終了しました)

2015年1月23日(金)~3月8日(日)
「椿と春の庭 展」無事に終了いたしました!

「椿」をテーマに植物の描写に優れ、それぞれ拘った素材や技法で表現を続ける5人の女性作家さんの企画展とさせていたいました。

昨年の同時期に大雪が2回あり、今年も何度かの降雪を予想していたのですが雨は多くても雪での悪天候はなく、2月という外出しずらい季節のなかたくさんのご来場を頂きました。ありがとうございました。

今回は、下駄のHARE-yaさん、簪や帯留めの騎西屋さん、そして染付けの器の林田さんなど「和」に寄った展示でしたので、お客さまにもお着物でのご来場が多かったです。
蚕室に来ていただくにあたり「椿」の帯などを選んでいただいたり、展示を装いからも共有していただいているのがとても嬉しいことでした。

そして「椿」というテーマそのものが予想以上に好評でした。
twitterのRTなどから「椿」のキーワードでご来廊いただいたり、facebookの画像を見てきていただいたりなど、積極的に情報に目を向けているお客さまの目につくことができました。

住宅地の西荻にもたくさんの椿の庭木が彩っていますが、見慣れた椿という花に、街の人たちがこんなにも心を寄せていたのかと、お客さまから教えていただきました。

身に着けるもの、空間を飾るもの、器として楽しむもの、それぞれちがった椿作品をお楽しみいただきありがとうございました。
多くの人に触れることで得られることの多さを感じます。

また作家さんと共に共有して、次の企画に生かしたいと思います。
ありがとうございました。

all01

2015-03-17 | Posted in 展示風景Comments Closed 

 

(椿と春の庭展)HARE-yaさんの下駄、オーダー/在廊など

会津桐下駄にろうけつ染めで絵付けをしてお誂えする「HARE-ya」さん。
IMG_6432

店主ozzyは大学時代からの友人である「HARE-ya」 さんのWEBサイト制作をすることで、会津桐や「HARE-ya」の制作について知るきっかけになりました。
http://www.hare-ya.com/

「ろうけつ染め」とはインドネシアの「バティック」という染色方法と聞く方が親しみがあるのではないでしょうか?色を入れたくないところをロウでマスキングして染めていく方法です。今でも思い出すのはHARE-ya翠川さんがインドネシアの留学から帰ってきたときに、現地の木のサンダルにバティックで刺青のような文様を染めていた作品を見せていただいたときのことです。

この時にすでに桐下駄に染付ることが心の中にあったのかどうかは、今度会ったときに聞いてみようかと思います。

今回「椿と春の庭展」では椿を中心に春の草花の定番柄のものが並んでいます。下駄にもサイズがありますので、試着用の下駄をお試しいただけます。
サイズ変更や木地変更(高右近⇒かかとが高い 右近⇒かかとが低い)などサイズオーダーも可能です。
鼻緒も3段階のものから選んでコーディネート可能です。

お足下の作品なので、ぜひ気になる下駄がありましたら作家在廊日に合わせていただくと作家と相談しながら決めることができます。

<現在在廊日>
2月13日金曜、20日金曜
※オーダー希望の場合は作家と予定をあわせてのお待ち合わせできます。
※お気軽に御声掛け下さい。

2015-01-29 | Posted in 展示風景Comments Closed